これだけ分かればあなたも信用取引マスター!

信用取引に必要な知識

信用取引の魅力は買い注文を仕掛ける前に売り注文をすることが可能なことです。例えば何か市場に悪影響を及ぼすニュースが出た時には売り注文から市場に参加した方が良いですが、通常の注文の仕方では買い注文からしか入ることができないです。しかし、信用取引をすることでそのような状況の際に収益を追求することができます。
市場の状況に合わせて柔軟に注文の方法を変更できるため、機会損失を逃しにくいということも言えます。
信用取引では多くの資金を証券会社から借りて行うことができるので、ここぞというときには収益を狙いやすいです。例えば、手持ちの資金の3倍を取引することができるので、明らかに市場にとって好材料となるニュースが出た時は大幅な利益を狙えます。

安全に行うこともできる信用取引

信用取引は失敗すると追証といって証券会社の口座に追加で資金を預ける必要があるので、できるだけリスクを抑えながらトレーディングをするとよいです。ここで買っておけばほぼ間違いなく儲かりそうだというシグナルが出た時に信用取引を行うと多くの収益を出せる可能性が高いです。
多くの資金を使って投資できるようになるので、その分多くの銘柄に投資できるチャンスが広がります。株価が高い銘柄に投資することができるようになれば、その分利益も狙いやすくなります。
IPO銘柄にも信用取引を使って注文することができます。上場直後の銘柄は値上がりしやすい傾向にあるので、その分チャンスが広がるということです。また、信用取引には制度信用取引と一般信用取引に分かれるのでそこは注意しておいた方が良いです。

信用取引の保証金とは信用取引用の口座を開設するために証券会社に担保として預ける委託保証金のことを指し、口座開設に必要な保証金の金額は証券会社によって異なります。

© Copyright Intraday Trading. All Rights Reserved.