少ないリスクで大きなリターンも夢じゃない!信用取引完全解説!

信用取引の仕組みとは?

信用取引って聞いたことはあるけど、いまいち仕組みが分からないという人も多いのではないでしょうか。
信用取引とは簡単に言うと証券会社からお金や株式を借りて取引きすることで、取引の形態として信用買いと信用売りの2種類があります。
そんなに簡単に証券会社はお金を貸してくれるの、と思うかもしれませんね。気軽に貸してくれればありがたいのですが、ここは銀行からお金を借りる時に保証人や担保が必要なように、証券会社からお金を借りる時も担保として委託保証金が必要です。この委託保証金が本人の信用を証明するもので、現金以外に株式などの有価証券も委託保証金として有効です。
もちろん借りたお金や株式には返済義務もあるので、信用取引は担保と借りたら返すという信用に基づいた仕組みと言えますね。

信用取引のメリットについて

信用取引は、担保を入れてお金や株式を借り、それを投資に回す仕組みなので少なからずリスクは生まれます。
しかし、そのリスクを上回る大きなリターンを期待できるのが信用取引のメリットなんですよ。
信用取引では保証金の約3倍の金額が投資に回せます、つまり50万円を保証金として入れたら150万円以上を株取引に使える訳です。投資に回せる金額が増えるだけでなく、利益を出すチャンスが倍に増えるのもメリットです。信用取引にしかできない信用売りという手法では、株を売ってから買うことで利益を出すので株価が下落している場面でも利益が狙えるんですよ。つまり株価の上昇相場、下落相場、どちらの局面でも利益を狙えるのでチャンスが増える訳ですね。

信用取引の手数料は、取り引きを申し込む証券会社によって異なります。場合によってはゼロ円で取り引きできることもあるので、比較してみてください。

© Copyright Intraday Trading. All Rights Reserved.