これを読めばバッチリ!初心者のための信用取引入門

まずは口座を開設しよう

信用取引は証券会社から資金や株式を借りて株を売買する仕組みで、信用取引を始めるためには通常の証券口座とは別に信用取引用の口座を開く必要があります。
信用取引用の口座はすぐに作れる訳ではなく、担保として入れる保証金の金額や投資経験を基準に審査します。証券会社側としてはお金を貸す訳ですから、ある程度信用の持てる相手にしか口座を開設させないのは当然ですよね。
基本的に信用取引用の口座開設の審査は大手の証券会社ほど厳しい傾向にあり、中には500万円以上の保証金がないと開設が難しい証券会社もあります。一方、比較的審査が緩いのがネット中心の証券会社で、保証金は30~100万円、投資経験も余り求められないので初心者が開設するならネット証券会社がオススメですよ。

信用取引のメリットは?

信用取引用の口座開設は、通常の証券口座の開設に比べ審査も厳しいので手間と時間がかかります。「なんか大変そうだな」と思う人も多いかもしれませんが、その手間や時間を上回るメリットが信用取引にはあるんですよ。
信用取引のメリットの1つが株価の下落相場でも利益を狙えること、普通の株取引では安い株を買って、それが値上がりしたら売りますよね。この一般的な方法だと株価の上昇相場でないと利益を狙えませんが、信用取引では空売りを利用することで下落相場でも利益を出せるんです。
以前の制度では保証金を元に借りた資金の枠を使い切ってしまうと、それ以上取引ができませんでした。しかし、制度が変わり決済をすれば当日中でも借りた資金の枠が回復するので、同じ資金で何度も取引ができるんですよ。

信用取引とは、自身が持つお金や保有している株式を担保にし証券会社からお金を借りることで、自身が持っているお金以上の額の取引を行なうことです。

© Copyright Intraday Trading. All Rights Reserved.