簡単!明快!誰でもできる信用取引

30万円を用意すれば誰でもスタートできる信用取引

信用取引とは、証券会社に担保を差し出すことで可能な各種トレードのことです。担保として30万円以上のお金を預けるだけで誰でも簡単に信用取引をスタートできます。
担保となるお金は、上場している会社の株券や投資信託、リートなどでも代用可能。掛け目は80%ですから、たとえば額面100万円の株式は80万円の担保価値を持ちます。
信用取引を始めることは簡単ですが、口座を開設する証券会社選びは慎重に行いたいものです。何故なら証券会社によって手数料体系や金利に違いがあるためです。
たとえばデイトレードが主体の人は金利に気を配る必要がないため、手数料が安い証券会社がマッチします。一方、中期保有型投資スタイルの人にとっては、金利の安さこそが大事になります。
このように投資手法によって適切な証券会社は異なるため、しっかりと比較検討しましょう。

信用取引のメリットと注意点を理解しておこう

信用取引のメリットは、多様な取引手法を使えるようになることです。現金取引においては、安く買って高く売ることしか出来ません。しかし信用取引においては高く売って安く買い戻すことや、反対取引で利益確定をすることや、株主優待権利を安全に獲得出来ることなどが可能となります。
どのような相場トレンドにも容易に対応出来ることも信用取引特有のメリット。日経平均が長期的下落局面に陥ってしまった場合、現金取引で利益を出すことは厳しくなりますが、信用取引においては空売りで大きな利益を狙えます。
レバレッジトレードが可能なことも信用取引ならではの魅力です。ただしこの魅力は大きなリスクにもなり得ます。何故ならレバレッジ倍率の高いトレードは、ハイリスクハイリターンな性質を帯びるからです。
信用取引を始めたばかりでリスク管理力が未熟なうちは低倍率に留め、徐々に高倍率にしていくことが大切です。

信用取引の金利は、制度信用取引か一般信用取引かで違いが生じ、期限の定めがある制度信用取引の方が、金利は安くなっているのが一般的です。

© Copyright Intraday Trading. All Rights Reserved.