誰にでも一攫千金のチャンス!?信用取引で成功するコツはこれ!

信用取引成功のポイントについて

資金力が少ない個人投資家が大きく利益を得るには、信用取引の力を借りる事は有効であり、信用取引用の口座開設は必要になります。
約3倍程度の資金で取引出来るようになりますから、利益も損失もどちらも大きく膨らみ、失敗してしまうと当然早く資産を失う事にもなりますから、信用取引成功のコツは損切りの徹底やポジション取りにかかっていると言えます。
まず損切りに関しては現物でも信用でも投資取引において必要なスキルであり、含み損を抱え込んで身動きが取れない状態になる前に撤退する事です。
この損切りを出来なければ投資で成功は難しいですし、信用取引は売りでもポジションを取る事が出来ますから、適性価格よりも大きく上がったタイミングで空売りを行うと、短期間で大きな利益に繋がる可能性があります。

信用取引開始時の注意点について

信用取引口座開設した資金力の少ない方は、信用取引が出来るようになると、現物取引の頃には手を出せなかった株にも手を出せる可能性が広がります。
小額資金で大きな取引が出来ますから、冷静に判断せずにあちこちの株でポジションを取ってしまう傾向にあり、信用取引ならば購入出来るという事でそうなってしまう可能性が高いです。
やはりポジション取りは重要ですから、上がり過ぎたり下がり過ぎた株を狙う事が望ましく、上がり過ぎた株は必ず下落局面が来ますから、そういう時こそ信用取引によって空売りを仕掛けるチャンスになります。
上昇よりも下落の方が早く激しく動く傾向にあるのが相場であり、一度の取引で非常に大きな利益になる事もありますから、金融商品の適正価値の見極めが重要であり、注意したいポイントです。

株の信用取引は、最大で保証金の約3.3倍の額までの取引が可能です。例えば、保証金として50万円担保している場合、取引をできる額は最大で約165万円になります。

© Copyright Intraday Trading. All Rights Reserved.